FC2ブログ

ちはやふる 41巻☆

2019.03.30.23:00

9784065150498_obi_w_convert_20190426202119.jpg

名人戦・クイーン戦まであと30日。


詩暢のかるたの一番の理解者になるため、

千早は二人のもとクイーンのもとで研鑽をつむ。


詩暢と新の対戦動画を見て、千早が得たヒントとは―?


一方、挑戦者決定戦で新に敗れた太一は本格的に受験勉強に集中する。


あのときの“約束”の内容を周防に尋ねられて・・・・!?


―――まだ見ぬ不尽の高嶺は、どれほどの荒野なのだろう。


一番強い自分で挑むため、すべてを尽くし、一歩踏み出す!



『百人ティッシュしよう!』と子どもに誘われた。


『いっ・しゅ!』と訂正して坊主めくりに参加。


地域ルールなのか年代による違いなのか

新たなルールをたくさん耳にした。


その中でも『蝉丸』を引いたら札を

全部もらえるという最強ルールには驚いた。


とある漫画でも三姉妹が札で戦いごっこをするのだが

『蝉丸ファイヤー』という最強のワザを持っていた。


子どもにとって蝉丸とは・・・



さて、41巻は詩暢ちゃんのことがさらに見えてくる。


詩暢ちゃんの『札は小さな神様みたいに見えてます』

ということば。


私は蝉丸ファイヤーが三頭身の戦隊ものに思えてきた。


詩暢ちゃんの札の並べ方。


『左中段に小式部内侍と右大将道綱母と持統天皇

その下に和泉式部 清少納言 式子内親王がいて

ここは詩暢ちゃんの大事なお友達の部屋

右上段はごっつい濃度のおじさんエリアで壁みたい

その下は周防内侍 小野小町 参議雅経右近とかがいる

華やかな遊び場で 右下段端から冗談みたいに並んだ

「む・す・め・ふ・さ・ほ・せ」はきっと寝室

右下段内側はお坊さんばっかり並べて客間かな?

嫌いじゃないのが伝わってくる

あ ごめん 左上段がたぶん玄関だった

チャイムが鳴るまえに飛び出してきそうな生き生きとした―』


そんな詩暢ちゃんの神様に

『こんにちは ご挨拶が遅れました

みなさんが詩暢ちゃんのお友達であり

詩暢ちゃんのおうちだったんですね』


また一歩、詩暢ちゃんに近づいたのかな。



そして前巻、かなちゃんが言っていた『役割』


千早の役割は『詩暢ちゃんを一人にしない』ということ。


しかし詩暢ちゃんから反感を買ってしまって・・・


少々、方法を間違っている気もする。


桃ちゃんや小石川くん、練習相手の新のほうが

詩暢ちゃんを支えているような。。。


そんな詩暢ちゃんが新に初勝利し、号泣するシーン(本当)


詩暢ちゃんに笑顔で頭をなでる新(妄想)


そんな動画を見た千早。


『一人にしない 詩暢ちゃんに届くように

登るんだ 進むんだ』と進んだ先は詩暢ちゃんと新。


二人でどんどん進んでいく(妄想)。。。


何だかうまくいかないときはいかないもので

兄弟げんかまで勃発。


『私ががんばってるところで 私じゃないあんたが

注目されるの ほんと迷惑 ほんと・・・

かるたみたいなわけのわかんないものしか大事じゃないくせに

中途半端なことしないでよ』


密着取材の場面でも

『いつもより高い声 テレビ用の声 喉しか通ってない声

心も胸も通ってなくて―

ちがう声が聞こえてくる “あんたのかるたはどうでもいいのよ”』


ちょっと色々やりすぎちゃったのかな。


そんなときに助けてくれるのが瑞沢かるた部。


初詣に出かけ、必勝祈願。


『奇跡はいりません 私たちみんな全力が出せますように』


『わたしの全力ってなに?

私が一番楽しくかるたしてたのはいつ?』


やっぱり千早のかるたは瑞沢かるた部なんだ。


大盤係は菫ちゃんと田丸さん。


二人ともいい後輩に成長したなぁ。


その菫ちゃんに千早の初詣に付き添ってやってと

お願いしたのは太一だよね。


陰から見守る太一が切ない。


そんなときに新からの電話。


『千早がまず詩暢ちゃんに勝って

そのあとおれが周防さんに勝つんや

どんな試合も粘り抜こう

今週末にはおれらの最初の夢をかなえよう』


きっと新からのこの言葉が一番、千早の力になるんだ。


千早は一喜一憂、大忙しだ。


本日、完読!!



     “今日もありがとう”

プロフィール

Renge72

Author:Renge72
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR