FC2ブログ

なぜかまわりに助けられる人の心理術☆

2019.06.29.23:00

51nXW58R92L__SX301_BO1,204,203,200__convert_20190705153857

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」

―心理学者アルフレッド・アドラー

アドラーが喝破したように、職場、恋愛、家庭の人間関係は大きなストレスです。

そして、「相手のために! 」と、つい自分で頑張り過ぎている人も多いのでは?

じつは、人間の脳は助けてくれた人を好きになるのではなく、

「助けてあげた人を好きになる」ようにできています。

つまり、相手に助けてもらうことで、相手はあなたのことを好きになります。

そして、人間関係は良くなっていくのです。

本書では「大衆扇動」「人心掌握」を得意とするメンタリズムの観点から、

人に助けてもらってばかりなのにまわりに好かれる人、

信頼される人が使っている「3つのルール」「7つのトラップ」

「5つの習慣」を分析・伝授します。

「やってあげて苦労する人」は卒業して、

「助けてもらって愛される人」を目指しましょう。


目次

1 あなたが頑張るのをやめればみんなが幸せになる
  弱みを見せる人ほど他人から愛される
  助けてもらうことで相手も幸せになる
  自信がない人ほど相手に何かしたい

2 「やってもらえる人」の3つのルール

3 やってあげたいと思わせる7つのトラップ
  先手を打つ
  相談する
  お世辞を言い切る
  自分の分担をアピール
  曖昧にお願いする
  過去を引き合いに出す
  急に黙る・目をそらす


4 やってもらってばかりでも好かれる5つの習慣
  感情(ストーリー)を伝える
  相手の話したい話を聞く
  自分しかいないと思わせる
  小さくお返しする
  自慢してあげる



職場で使えそうなネタがいっぱい。


それぞれの項目の場面を想像してみる。

2 「やってもらえる人」の3つのルール
尽くさない・強がらない・頼まない

「尽くさない」はいいのだが、

ついつい自分でやってしまう私は

「強がらない・頼らない」は難しい。

ここから意識改革。


3 やってあげたいと思わせる7つのトラップ
① 先手を打つ
   「やってあげてからお願いをする・ひと言付箋の活用」
② 相談する
   「お願いではなく相談・報告&感謝」
③ お世辞を言い切る
   「一貫性を持って言い切る・お世辞に感謝を加える」
④ 自分の分担をアピール
   「自分の分担をアピールすることで5倍レートでのお返し」
⑤ 曖昧にお願いする
   「ローボール・テクニック・奥の手である」
⑥ 過去を引き合いに出す
   「してもらったことを忘れずに感謝」
⑦ 急に黙る・目をそらす
   「わざと相手にストレスを与えて心配させる」


とにかく感謝の気持ちを大切にしよう。


4 やってもらってばかりでも好かれる5つの習慣
① 感情(ストーリー)を伝える
   「感謝の言葉→感情→ストーリー」
② 相手の話したい話を聞く
   「アドバイスをもらったら即実行&共有」
③ 自分しかいないと思わせる
   「便利屋にならないように得意なこと好きなことをやってもらう」
④ 小さくお返しする
   「単純接触効果・大きな感謝・メッセージカード」
⑤ 自慢してあげる
   「やってもらったことをストーリーにして伝える・パブリック・コミットメント」


ここでもやっぱり感謝が大事。


読み終えて、これらが自然にできちゃうのはあざといなと思ったが

すべてが『Win-Win』の関係ならありかもしれない。


一歩間違えれば相手に不快感を抱かせるかもしれないが

ここからの感謝が伴えば『Win-Win』も上手くいくのだろう。


謙虚な気持ちと感謝の気持ちを忘れずに、

うまく実践していきたいものだ。


本日、完読!!



     “今日もありがとう”

プロフィール

Renge72

Author:Renge72
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR