FC2ブログ

ほどよく距離を置きなさい☆

51geNFGRC1L__SX339_BO1,204,203,200__convert_20181012205838

人間関係の中で生まれる小さなトゲや心のからまり。


やさしい自分でいたいのに、

本当はもっとやさしい自分のはずなのに、

怒りや嫉妬がそれを邪魔することって、ありませんか?


長く連れ添った夫や妻、子ども、嫁や婿。


そして、気心知れた友人、ご近所さん。


自分の周囲の誰かと、思っているよりもう半歩だけ、

ちょっと距離を置いてみると、やさしさを取り戻し、

本来の自分らしく、心地よく生きられる。


そう説くのが、本書の著者、

90歳の現役弁護士、湯川久子氏です。


九州第1号の女性弁護士として福岡市に開業してから、

おもに離婚や相続といった人間関係の交通整理を専門に

人間関係のもつれをほどいてきた湯川氏。


1万件を超える相談案件を通して、

「どんな人でも、外からはうかがい知ることのできない、

悩みや迷いを抱えている」こと。


そして、「ほどよく距離を置くことこそ、

人が心地よく生きていくために必要な心がけ」と

実感するに至ったそうです。


人の心は法で裁くことはできず、法廷で裁かれる「勝ち」

あるいは「負け」が、人生の本当の幸せを決めることはない。


60年以上にわたってそれを実感しながら、

法で裁くことのできない人間模様を目の当たりにしてきた

著者が、「それでは、本当の幸せとはなんだろうか」と

思いを馳せ続けた結論が、この本につづられています。


離婚、介護によるトラブル、自殺など、

多くの問題を抱える現代。


人とつながることは簡単になっているはずなのに、

それに反比例するかのように、人間関係は希薄になり、

孤独な人を増やしているのかもしれません。


そんな今だからこそ、時代が移ろおうとも変わらない、

本当の幸せな生き方とは何か、考えてみませんか?  


やさしく、しなやかに、あらがわず、でも、流されずーー。


多くの相談者が「話すだけで心が軽くなった」と信頼を寄せる

現役弁護士の生き様から紡ぎ出される言葉が、あなた本来の

やさしさを、きっと思い出させてくれることでしょう。


【目次】

1章 距離を置くと糸口が見える

自分の未熟さにいつも気づいているほうがいい

後ろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進め

問題の渦の中に自分を投げ入れない

1億円の慰謝料を勝ち得ても幸せになれない人の心

争いごとで「命の時間」を無駄にしない

「話す」ことで問題とほどよい距離が生まれる

言えなかった「小さな声」を上げてみる


2章 距離があるからやさしくなれる

正しいことを言うときは、ほんの少しひかえめに

お互いの「台所の奥」へは入らない

子は子の人生を、親は親の人生を生きる

誰かのために流す涙が人の心を育てていく

うわさ話が花咲く井戸端に根っこを張らない

「手伝い」の名のもとに、誰かの役割を奪わない

ささやかな我慢をやめてみる

相手のよさは「ある」かどうかではなく「見る」かどうか

本当の思いはすでに、行動ににじみ出ている

感情的な言葉の応酬はいつか最後の引き金を引く

人は一番の本音を言わずに、二番目を言いたくなる生き物

絆を生むのは「血縁」ではなく「心」と知っておく

誰かに投げかけたものは同じ顔をして返ってくる


3章 素直さとともに生きる

結末を結び直す「ご褒美の時間」

「あたりまえ」と言いたくなったら立ち止まる

もつれた心をほどいて、感謝の言葉で結び直す

ひとつのウソが、心に虚しさの「檻」をつくる

一人で生きているつもりでも、
     
       一人きりで生き抜くことはできない

ほどよく忘れた人は幸福度が倍になる

心の居場所をつくるのに遅すぎることはない


4章 心いきいきと、今を楽しむ

助けられていい、それでも気高く生き抜くために

見送る家族に残すもの、残さないもの

残された人たちを感嘆させた一通の「花の遺言書」

立つ鳥は余分なお金を残さない

他の誰にも、自分の人生を奪わせない

時の流れは「一番つらかったこと」を

生きた証は、大切な人の胸の中で思い出されること

今この時を丁寧に味わいつくして生きる



職場の人間関係がもつれている今日この頃。


そのとき、友人が

『うわさ好きの人のもとには、うわさ好きが集まる

蚊帳の外というのもいいもんだ』とつぶやいていた。


蚊帳の外にいたのに少しずつ引き込まれている・・・


同じころ、地下鉄の広告で、この本を知る。


友人の言葉に似た

『うわさ話が花咲く井戸端に根っこを張らない』


今まさに、読むべき本だった。


内容は当たり前のことばかりなのだが

ひとつずつでも実践していけば

現状を打破できるような気がする。


目次を読み返し、自分の行動を振り返ろう。


本日、完読!!



     “今日もありがとう”

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Renge72

Author:Renge72
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR