FC2ブログ

ちはやふる40巻☆

2018.12.01.23:00

9784065139257_obi_w_convert_20181221204510.jpg

激戦を経て、ついにクイーン戦への

切符を手にした千早。


孤高の才能をもつ詩暢の立つ場所は、

千早の想像を超える荒野だった――。


詩暢は世界で一人目の「かるたのプロ」になるために、

千早にある相談を持ちかける。


それぞれ1勝1敗で、第3試合を戦う太一と新は、

かるたへの、そしてお互いへの思いを畳にぶつける――!!


東西挑戦者決定戦、


ついに決着!!


青春を懸けた戦いの果てに、彼らが見たものとは――!?



40巻、一番の読みどころ、

太一と新の勝負に決着がついた。


電車の中でぽろっとしてしまった。


ここにたどり着くため勝つためには

手段を選んではいられなかった二人。


『「千早が夢を叶えるなら

一番近くでその瞬間を見たい」

太一の一番きれいな気持ち

それをおれが打ち砕くのに 

こんな冷徹な鬼になる

自分を止められないのに』


『スルーしとけば新はかるた取りずらくなって

自分に有利だなって 巻き返せる最後のチャンスだって』


でも、本当にいい子たちなんだよなぁ。


『悪かったな 邪魔して・・・・・・

おれがサッカーやってもよかったんや

おれがもうすこし器用で 球技も得意やったら

サッカーしとったんや 太一と

なのに 太一は かるたしてくれた

ほかのなんでもおれよりできたのに

やったことないこと・・・

おれが得意なこと・・・・・・

こんなに長くやって こんなに強くなるまで努力して

どんな顔しておれが太一のこと邪魔やって思えるんや・・・・・・

かるたを一緒にしてくれてありがとな』と新


『札を さっき札を並べたとき

生まれて初めて札が愛しかった

友達を 先生を 懸けるべき青春を

この時間をくれたかるたが愛しかった』と太一


もしかすると、決着がついたこのとき

二人は親友になれたのかな。


第三者から見れば、

お互いを高め合うライバルだなんて、簡単に言ってしまうが、

かるただけでなく、恋愛においてもとなると、

素直に友だちだなんて、言っていられなかっただろう。



『めきめきとやればやるだけうまくなる感覚

ほかのなにでも得られなかった自信

強い子と当たっても削られることのない確信

ああ おれもいつか名人になる

じいちゃんみたいになる』


『新のすごさは技術の高さや才能や運のよさやない

努力で習得してきたもの

何度くり返しても

あらかじめ決めていたように取る力』


『周防さんを長崎に帰すんだ

千早の夢の一番近くに行くんだ―――』


二人の『かるた』がしっかり伝わった。



そして千早と詩暢ちゃん。
 

『あんたがなりたいかるたのプロになる方法を考えたるわ

若く美しく世界一強いあんたがプロになれなんだらだれもなれん

かるたのプロになりなさい 世界で一人目のかるたのプロになりなさい

二人目以降の人間のために あんたがまずなりなさい』


おばあちゃんが言うたことの本当の意味はわからんけど


『詩暢ちゃんがいるのは花も草もない荒野―――

私は一人でいる詩暢ちゃんを助けにきたんだ』


『太一と新のように

周防さんと太一のように

力の限りぶつかることでしか助けられない』


二人の決戦が楽しみだ。



新と由宇、太一と千早の恋愛模様。


かなちゃんと太一の会話

『真島くんはいまでも千早ちゃんが好きですか・・・・・・?』

『もうよくわからん・・・

でもだんだん薄れていくんじゃないかって思うよ』


新から由宇へのビデオレター(?)

『ありがとな由宇 3試合目は全部出して

勝ってくるからな』


由宇の心がかき乱していることなど

気づかない天然、新。


『千早はどんな練習をしとるやろうか

千早に会いたいな』って本命は千早だよね。


『新 新はどんな練習してる?

私はダイヤモンドを削り合うように

二人のクイーンが教えてくれてるよ』


負けてしまったこともあるが、やはりアウトオブ太一・・・


四角関係なのか?三角関係なのか?



『イメージをふくらませて』と渡会さん

『いつもなにかのイメージに自分を合わせて力を借りてきた

お手本があった どんなイメージを持てばいい?』と新。


何をするにも、イメージって大事だな。


子どもの後ろからボタンをとめてあげた渡会さん。


『人はね 向かい合ってる人からは

本当は身につくものは学べないのよ

本当に学びたいならうしろから』


そうか・・・

子どもに蝶々結びを教えるとき

後ろから教えてあげよう。



影の功労者はかなちゃん。


『おれの友達すごいんだぜって

袴 すぐ直せんだぜって

自慢したいみたいな そんな気持ちでさ』と太一。


新の腰板を直してあげたり

千早を心身ともに支えたり。。。


いつでも周りを支えられるかなちゃん。


『自分の役割ってなんだと思いますか?

大学で古典を学びたいって思ってきたけど

研究者になりたいわけじゃないし

きっと呉服店を継ぐし 呉服を守るのが

私の役割なんだとしたら 

私が学ぶべきは 本当はなんなんだろうって・・・・・・』


呉服屋の未来のため、希望大学を変更するの?!


本日、完読!!



     “今日もありがとう”

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Renge72

Author:Renge72
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR